ピンクの物をいつのまにか好きになっていた私

20代前半のわたしは、あまり明るい色の服や雑貨が苦手でした。
いつも黒やグレーといったシックな色を選んでいました。
しかし最近はまっている色は驚くことに「ピンク」です。
ピンクの物を見るとテンションがあがりますし、買いたくなってしまいます。

ハンカチやストールがピンクを持つとその日のテンションもなんだか高くなったように感じます。そのことを、この間母に話しました。
すると「歳をとった証拠だね」と言われてしまったのです。
母も、歳をとってから明るい色の物をもつようになったといいました。
若いときより、派手なものが好みになったらしいのです。
そういわれてみれば、世の中でも年齢が上のかたのほうが派手な服や小物を持っているなと思いました。

なんだか不思議な現象だけれど、いくつになってもかわいい物を持ちたい女性が多いのだなと思いました。
ちなみに明日友人と出かける予定をくんだのですが、もちろんピンクの物を身に着けようと思っています。