職場に依りましては、服務基準が、

職場に依りましては、服務基準が、あってしまいます。
この頃、嬉しいことに、クラウドソーシングで特別高くはないのですが、報奨金が、一定しまして、 貰えるようになりました。

私のライフスタイル、自由業も板についてきました、といいますと、少し、オーバーですが、このクラウドソーシングの良い所は、私からしますと、服装を選ばないことでした。

本人自身が、作業が出来ます服装でありますと、それでよいのです。
誰からも、何も、言われません。
それだけ、私に取りまして、とても過ごしやすいものです。
ですから、今になりまして、服務基準を言われてしまいますと、身構えてしまいます。
そして、頭の中で、私自身のクローゼットの中を隅々まで、思い出しましても、言われます洋服は、残念ながら、一切ありませんでした。
普段は、使っていない洋服ダンスの中までも、思い出しましたが、まぁ、指定されます洋服は、ありません。
1 点だけ、黒いタイトスカートがありますこと、思いつきましたが、もはや、6年ぐらい履いていませんので、体が入りますか、勇気がなくて、確かめてもいないのでした。

もっと若い人の方が、タイトスカートは、似合う気がします。
私は、知らない間に、不本意ながら、重力の影響を受けてしまいました。
そして、今日、着ていますジャケットも、昨年、その色遣いにデザインに、喜びまして、確か、セールでお得に購入をしました1点です。
好きな洋服ですから、お手入れをしながら、大切に、今年も着ています。
黒い糸の他は、白やゴールドの糸が、豊かに織り交ぜられています。
黒一色では、ありません。
特別地味な印象でありますジャケットでは、ないのです。
そして、下のスカートも、良く見ますと、柄が入っています。
無地としていされますと、服務基準にひっかかってしまうのでした。